ジムニー タービン交換!!

ジムニーカスタムのファッドスター公式ブログ > エンジン・排気系 > ジムニー タービン交換!!

ジムニー タービン交換!!

2010年4月 6日(火曜日) テーマ:エンジン・排気系

  加速が悪~いJB23が入庫!!

お客さんに問診…

 

まず、タービンに間違いないと思い、その原因を探します。

バラス前に油圧の測定をします。。

測定したのは、エンジンが冷えてる冷間時。

IMG_1032-thumb-350x262-421.jpg

ん~  冷間時でこの油圧では、

エンジン温まったら油圧がまったくかからないのでは…

 

さてと、、、バラします。。

IMG_1046.JPG

タービンを降ろしてみると…

IMG_1059.JPG

シャフトがガッタガッタです。

シャフトがガタガタになった原因は、オイル循環が悪いから!?

 

原因究明の為、さらにバラします。

IMG_1041.JPG

IMG_1048.JPG

オイルポンプをはずすと…

IMG_1049.JPG

ギタギタに、カーボン付着!!

IMG_1050.JPG

オイルポンプリリーフバルブ、

ここの動きが悪くなると、油圧のかかりが悪くなります。

スムーズに動かなければいけない部分なのに、上から押しつけないと

はずれませんでした。

 

間違いないです。。

タービンを壊した原因は、この人リリーフバルブです。。。

 

ここから、徹底的に洗浄します。

作業の7割くらいが洗浄に時間を使います。 これが結構大変なんです。

洗浄したポンプを、摩耗がないか測定します。

IMG_1071.JPG

IMG_1082.JPG

キレイになったパーツ達、

組み立てるのも気分がいいもんです。。

 

IMG_1108.JPG

タービンの真下にあるオイルクーラー

ここもカーボンがたまりやすいので要洗浄です。

 

 

IMG_1118.JPG

組み立て完了!!! 油圧バッチリ!!

 

タービンが壊れた場合、ただタービンをポンと交換しても何の解決になりません!!

原因をみつけて直さないと、高い確率で再発します。

うちの、タービン交換はこんな感じです。

ここまで作業しても、もっといいサービスができないか、もっと良くなる方法はないかと

毎日、毎日考えてます。

お客さんの事を考えると、これくらいやらないと失礼だと思うので…

 



メールアドレス

関連記事

超希少エンジンG13Bツインカムのオーバーホール

超希少エンジンG13Bツインカムのオーバーホール

2016年11月10日(木曜日)

日立イグニッションコイルの紹介

日立イグニッションコイルの紹介

2016年10月 3日(月曜日)

点火力を上げるプラグコード「ノロジーホットワイヤー」

点火力を上げるプラグコード「ノロジーホットワイヤー」

2016年9月27日(火曜日)

ホンダ製E07Z オイル漏れ

ホンダ製E07Z オイル漏れ

2016年9月16日(金曜日)

夢中

夢中

2016年7月15日(金曜日)